virtual-oji’s diary

SIerに勤務するインフラエンジニアのブログ

DR環境用VMware Cloud on AWSの概要とメリット

システムを運用する上で災害対策(DR)を検討することは非常に重要です

特に日本は地震津波・台風・・・などの自然災害も多く、さらには昨今ではランサムウェアの対策として被害が広範囲に広がってしまった場合にDR環境を活用したケースもあるそうでDRの重要性は非常に高まっています。

f:id:virtual-oji:20201223140705p:plain

 

ただ、DRは一筋縄ではいきません

設備と運用のコスト負担が大きい・・・

オペレーションが複雑・・・

構成が複雑且つ本番に影響するため訓練できなかったり・・・

 

色々な課題が多くありますが、今回は進化したVMware Cloud on AWSを活用するとこれらのお悩みが解決しますよ!ということで記事にしていこうと思います。

※ちなみにDR以外にももちろん、バリバリの本番用でVMware Cloud on AWSを活用してる方も多くおり、DR専用ではありませんのでご心配なく!

 

新機能:VMware Cloud Disastar Recovery

クラウドを活用したDRaaSが実装されました!

安価なクラウドストレージ(S3など)にレプリケーションし、災害時にはクラウドにフェイルオーバーする機能となっています。

 

具体的には災害時にVMware Cloud on AWS(VMC on AWS)が自動でESXiをAWS上にデプロイして仮想マシンが起動してサービス再開する仕組みです

f:id:virtual-oji:20201223134941p:plain

クラウドストレージの費用はかかるものの、最大の利点はなんといっても従量課金ということで通常時にはホストの費用がかからないという点です。

これによって普段は利用しないDR先のコストを最小限に抑えることが可能になりました

クラウドならではの機能で素晴らしいですよね~

 

また、復旧時間を少しでも短くしたい要件がある場合は最小構成だけデプロイしておき、災害時にはクラスタ単位でなく、ホスト単位で追加していく方式をとることも可能です。

 

そももそものアーキテクトとしては保護対象サイトにDRaaS Connectorという仮想アプライアンスをデプロイします

このアプライアンスが中継となって仮想マシンのスナップショットを取得して差分のみクラウド側へレプリケーションします。

帯域制御も可能で、通信は全て暗号化されます。

SRMに非常によく似ているのでオンプレのノウハウを活用しているのだと思われます

 

もう一つ良いところはオペレーションについてです。

専用のUIがあり数クリックで切り替えを実施できます

f:id:virtual-oji:20201223135704p:plain

予めプランを作成しておき仮想マシン毎やグループごとに起動する順番を定義できたり多彩な設定も可能で、本番環境から切り離してフェールオーバーテストをGUIから実施できます

 

年に何回か訓練しておくことをおすすめいたします!

 

この機能の出現でどんどんVMC on AWSにDR環境を実装する方が増えると思います。

さらに2021年前半では大阪ローカルリージョンが正式リージョンになりますので、VMC on AWSがサポートされれば、関東圏と関西圏の遠隔地に展開することもできてより良い環境を実現できるようになります、待ち遠しいですねえ

VMware Cloud on AWSで利用できるファイルサービス

今回はVMware Cloud on AWS(VMC on AWS)で利用できるファイルサービスについて概要とメリットデメリットについて記載しようと思います

 

今回、扱うファイルサービスとは企業で一般的に利用されているSMB/CIFSプロトコルで利用するWIndowsファイルサービスを指していますのでご注意ください

 

それでは早速始めようと思います!

 

VMC on AWSAWS上に展開されており、複数のファイルサービスを利用することが可能です

 

①Native WIndowsファイルサーバ on VMC

②Native Windowsファイルサーバ on EC2

Amazon FSx for Windows

④NetApp Cloud Volumes ONTAP

⑤NetApp Cloud Volumes Services

 

以上が私が認識している現状利用できるファイルサービスです。

それぞれの概要とメリデメについて記載します。

 

①Native Windows ファイルサーバ on VMC

VMC on AWSを利用する場合、一番シンプルな構成かもしれません。

VMCに搭載されているストレージ(vSAN)上に仮想マシンとしてWindowsサーバを構築してファイルサービスを提供するというものです

 

・メリット:構成がシンプル・VMwareに慣れているひとは扱いやすい

・デメリット:冗長構成をとる場合は構成が困難・外部バックアップに3rd Partyツールが必要

 

②Native Windowsファイルサーバ on EC2

VMCと接続されているAWS EC2上にWindowsサーバを構築してファイルサービスを提供する仕組みです。

VMCが複数クラスタあり、クラスタ外にファイルサーバを構築したい場合には取りうる選択肢です

 

以下図の赤枠ネイティブAWS

サービス内にファイルサーバをデプロイするイメージです

f:id:virtual-oji:20201204154536p:plain

・メリット:構成がシンプル・外部バックアップが容易

・デメリット:冗長構成をとる場合は構成が困難、①に比べクラスタ外にデータを持つため追加費用がかかる

※バックアップはEBS Snapshotで簡単に取得可能

 

Amazon FSx for Windows

AWSが提供するフルマネージド型のファイルサービスです。

簡単にマルチAZ構成・S3へのバックアップ設定が可能で、最近HDDで構成できるようになったため安価に利用することが可能です

・メリット:冗長構成・外部バックアップが容易

・デメリット:OSのサービスやログを見ることはできない(監査ログ等)・アンチウイルス製品をファイルサービス側には導入できない・PowerShellでの操作が多い

 

何個か記事を書いているので参考にしてください

 

virtual-oji.hatenablog.com

 

 

virtual-oji.hatenablog.com

 

④NetApp Cloud Volumes ONTAP(CVO)

企業向けNAS大手のNetApp社が提供するファイルサービスです。

EC2上にアプライアンスとしてデプロイしてサービスを提供します

メリット:ストレージレプリケーション(snapmirror)が利用できる・重複排除・圧縮が優秀・安価なS3へデータティアリング可能・バックアップが容易

デメリット:OSにライセンス費用がかかる・ストレージの知識が必要

 

老舗ベンダーだけあり豊富なストレージ機能を利用できる点は◎

 

構築記事を記載していますので是非ご一読ください

 

virtual-oji.hatenablog.com

 

⑤NetApp Cloud Volumes Services(CVS)

CVOと同様にNetApp社が提供するファイルサービスです。

AWS内にNetAppの物理製品が置かれ、そのサービスを利用する形なので利用者はストレージの設定をほとんどすることなく利用することが可能です

・メリット:低レイテンシー・ストレージの知識不要で設定が容易

・デメリット:OS側のログやサービスなど細かい部分は触れない・マルチAZ構成が困難

 

こちらも構築記事を記載しています

 

virtual-oji.hatenablog.com

 

ざっくり記載してみましたがいかがでしたでしょうか

それぞれメリットデメリットがあり選択が非常に難しいのが現状です。

また、コストの部分については比較が非常に困難です・・・容量単価でみるとFSxのHDDが一番安そうですがIOPSのパフォーマンスがあまり出ないので要注意です

クラメソさんのブログに素晴らしい記事がありますので是非ご一読ください

dev.classmethod.jp

 

全てに言えることですがAWS上で利用できるため物理サーバを所有せずに済みますので、物理レイヤーの所有と運用から解放されるのは大きなメリットかと思います。

 

それでは素晴らしいクラウドライフを!

AWS re:inventでのVMware Cloud on AWS関連セッション

AWS最大のイベントであるre:inventが今年も開催されます

昨今の情勢から今年はオンラインでのイベントとなり、参加しやすくなっています

 

AWSVMwareが共同開発したVMware Cloud on AWSを仕事で扱うことが多く、自分用に関連セッションを調べましたので掲載します

 

同じ内容を複数回流すみたいです。

12月2,9,16日開催 12:45-13:15 JST

VMware Cloud on AWS Console

 実際のコンソール画面を見ながらの技術寄りのセッションです

 

12月3,10,17日開催 12:45-13:15 JST

VMware Cloud on AWS事例紹介

 いくつかの事例を交えたどちらかというと営業よりのセッションです

 

12月4,11,18日開催 12:45-13:15 JST

VMware Cloud on AWSを使用したアプリのモダナイゼーション

 オンプレミスからVMware Cloud on AWSへの移行をメインにしたベストプラクティスについてのセッションで技術寄りの内容です

 

breakout sessionでも関連セッションがあります

12/10日1:00-1:30PM PST

  • Build, run, manage, connect and protect hybrid clouds with VMware

以下のセッションは時間指定はないようです

  • ENT309: VMware Cloud on AWS architecture patterns and best practices

 

参考にしたコミュニティサイトも掲載しておきます

https://cloud.vmware.com/community/2020/11/16/vmware-cloud-aws-reinvent-2020/

 

全部視聴してレビュー記事書きたいところですが、仕事の調整つくかどうかはたして。。。